音楽&映像 リアルロイド (Music & Picture Realoid)

ワーグナー - 婚礼の合唱

R・W・ワーグナー(R.W.Wagner)

『歌劇ローエングリーン』より「婚礼の合唱」


ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー

(Wilhelm Richard Wagner)

1813 - 1883  ドイツ (Bundesrepublik Deutschland)


「婚礼の合唱」は歌劇『ローエングリン』(Lohengrin)の第3幕華々しい前奏曲のあと、ローエングリン(白鳥の騎士)とエルザ(皇女)の結婚の場で歌われる合唱曲です。

「ワーグナーの結婚行進曲」として、フェリックス・メンデルスゾーンの「結婚行進曲」と並んで広く知られていますが、オルガンなどに編曲されるのが一般的であるため、原曲が管弦楽付きの合唱で歌われることはあまり知られていません。

結婚式に欠かせないレパートリーとなっているこの曲ですが、歌劇『ローエングリン』の内容からすると100%おめでたい曲ではないようです。

でも、結婚とはそういうものかも知れません…。


ウィキペディア フリー百科事典より

Copyright(C) 2007 - 2018 
リアルロイド - ニューラルソフト.
All rights reserved.