音楽&映像 リアルロイド (Music & Picture Realoid)

ショパン - 小犬のワルツ

ショパン(Chopin)

小犬のワルツ(Valse Op.64-1)


フレデリック・フランソワ・ショパン

(Frédéric François Chopin)

1810 - 1849  ポーランド (Rzeczpospolita Polska)


小犬のワルツは1846-48年頃に作曲された、ショパンが生前に出版した最後のワルツ集(作品64)の第1曲です。

小犬が自分の尻尾を追い掛け回している情景にヒントを得て作曲したものだといわれており、リズミカルな右手のメロディーは、まさにその情景を浮かばせます。

中盤の高く短い音は小犬がつけた鈴の音だともいわれています。


ウィキペディア フリー百科事典より

Copyright(C) 2007 - 2018 
リアルロイド - ニューラルソフト.
All rights reserved.