音楽&映像 リアルロイド (Music & Picture Realoid)

ベートーヴェン - 悲愴 第2楽章

ベートーヴェン(Beethoven)

ピアノ ソナタ第8番「悲愴」 - 第2楽章


ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

(Ludwig van Beethoven)

1770 - 1827  ドイツ (Bundesrepublik Deutschland)


ピアノ ソナタ第8番ハ短調『大ソナタ悲愴』は1798年頃に作曲されたベートーヴェンの初期を代表する傑作として知られており、ベートーヴェンの三大ピアノソナタにも含まれる人気曲です。(特に第2楽章が有名。)

「大ソナタ悲愴」という標題は、ベートーヴェン自身が名づけた数少ない標題として知られています。

ベートーヴェン自身が楽曲に標題を与えることは珍しいことなので、この標題には特別な意味があるとみなされることも多いいようです。

ベートーヴェン自信の苦悩を表現した曲なのでしょうか?

でも、この曲、単なる悲愴感とは違う何かを感じます。


ウィキペディア フリー百科事典より

Copyright(C) 2007 - 2018 
リアルロイド - ニューラルソフト.
All rights reserved.