音楽&映像 リアルロイド (Music & Picture Realoid)
美空ひばり (Hibari Misora)

1937 - 1989 日本(Japan)


美空 ひばりは1937年(昭和12年)5月29日に神奈川県横浜市で魚屋「魚増」を営む父・加藤増吉、母・喜美枝の長女として生まれる。終戦間もない1945年、喜美枝が私財を投じて自前の「青空楽団」を設立して近所の公民館・銭湯に舞台を作り、ひばり8歳のときに「美空」和枝(母の提案)の名で初舞台を踏む。1946年、NHK「素人のど自慢」に出場し、予選で『リンゴの唄』を歌いひばり母子は合格を確信するが、不合格となる。翌年の春、横浜で行われたのど自慢大会終了後、審査員をしていた古賀政男のもと、アカペラで古賀の「悲しき竹笛」を歌い、子供とは思えない才能、度胸、理解力に感心した古賀から「歌手になるなら頑張りなさい」とエールをもらう。

地方巡業の時期を経て、当時人気絶頂のボードビリアン川田義雄や横浜国際劇場支配人だった福島通人から才能を見込まれ、舞台や映画に出演して全国的人気を獲得していく。

1960年、『哀愁波止場』で第2回日本レコード大賞歌唱賞を受賞、「歌謡界の女王」の異名をとるようになる。1962年に当時日活の人気スター俳優・小林旭と結婚するが、2年後に離婚。離婚直後に発表した『柔』は翌1965年にかけて大ヒット、180万枚というひばり最大のヒット曲となる。

1970年以降は演歌や歌謡曲のほかにも軽快なポップスやリズム歌謡、ジャズのスタンダードやオペラのアリアに至るまで、多くのジャンルの楽曲をテレビ番組やレコードなどで発表し、歌手としての再評価を受ける。

1987年以降は原因不明の腰痛や慢性肝炎などの病魔と闘いながら公演をこなし、死の4カ月前まで命を削って熱唱した。たくさんのファンを最後の最後まで愛した美空ひばりは1989年6月24日、間質性肺炎による呼吸不全のため逝去した。

没後の1989年7月、長年の歌謡界に対する貢献を評価され、女性として初めてとなる国民栄誉賞を受賞し、息子の加藤和也が授賞式に出席した。死後20数年を経た現在もなお、日本を代表する伝説的ボーカリストとして多くのアーティストやタレントに影響を及ぼし、永遠の歌姫として根強い人気を獲得している。


参考 ウィキペディア フリー百科事典
Copyright(C) 2007 - 2018 リアルロイド - ニューラルソフト. All rights reserved.