「音楽&映像 リアルロイド」へようこそ。

2018年1月17日(水)
奮闘日記タイトル画像

2011年分の奮闘日記

「今年も最後の日になりました。」

2011年12月31日登録
12月31日

除夜の鐘

今年は東日本大震災があり、経済も不安定で大変な一年でした。個人的にも幼い頃や学生時代にお世話になった叔父と叔母が亡くなり、人間のはかなさを思い知らされました。でも、はかないからこそ、杭が残らないように生きなければならないと思います。大震災からの復興や経済の安定化もまだまだ大変と思いますが、一人一人できる事を頑張ってやれば、きっと来年はよい年になるはずです。「さぁ、できる事をはじめようか!」

「あともう少し!」

2011年12月25日登録
12月25日

あ~、やぁ~と検索エンジンがこのサイトの全ページをインデックスしてくれる日が来そうです。12月25日現在、Googleで165ページ中164ページ、bingで133ページがインデックスされました。

あともう少し

ずーとこのサイトのページがインデックスされず、いろいろ手を打っていたのですが、やっと報われそうです。アドレスのクエリー文字の形式を変更した際、古い形式のクエリー文字が指定された場合に、新しい形式のクエリー文字に対応するページと同じページを返したり、空白のページを返してしまうとよくないケースがあるようです。

あっ、それから、「あともう少し」と言えば、クラシック/ブルクミュラー/25の練習曲 op.100が、あと3曲で全曲揃います。今年中にアップして来年を迎えたい!。

「PDF表示領域とz-index」

2011年10月23日登録
PDF表示領域のz-indexが効かない例10月23日

音楽制作資料のページ映像制作資料のページで発生する「PDF表示領域へのナビゲーション メニューのもぐり込み現象(右の画像)」を回避する対応を実施しました。

この不具合はブラウザのアドオンがPDFを表示する際、HTML文章を表示する領域に子ウインドウを生成して、その内部にPDF文章を表示しているため、PDF表示領域よりもZ軸上、上に位置しているHTML要素の描画が子ウインドウ領域にクリッピングされてしまうため発生するのですが...。ん~、ユーザが読んでいるPDF文章よりも上に何かを表示する必要はないと言うことなのでしょうか?PDFよりも上にHTML要素を表示する標準的な方法がない?!(自分自身の知識欠如の問題?)


PDF表示領域のz-indexが効く例

いや、Google ChromeでビルトインのPDF Viewerを使用している場合、HTML要素に対するz-indexの設定通りに表示されます(左の画像)。でも、別の問題が...。ガーン。Operaも別の問題が...。ガーン×2 Fire Foxも最初のPDF表示だけがおかしな表示になる。

取り敢えず、PDF文章表示領域に重なるナビゲーション メニューの操作が発生したら、PDF文章表示を閉じる。そして、そのメニューの操作がキャンセルされたらPDF文章表示を復帰する処理を追加しました。

あ~、当分ここが愚痴の書込み場になりそうです。

「Google 3D ギャラリーのモデルロゴが×になる」

2011年10月14日登録
Google 3D ギャラリーのモデルロゴが×になる例10月14日

プロフィール ページの画像用に作成した3Dモデル(単純なモデルで恥ずかしいのですが...。)をGoogle 3D ギャラリーに登録してみたのですが、何故かモデルロゴが×(右にある画像の右下の部分)になってしまう?!。リンクは正しく機能しているのに...。

おかしいと思い、他のユーザさんのモデルをランダムに幾つか見てみると同じように×になっているモデルを見つけました。


Google 3D ギャラリーのモデルロゴが正しく表示される例

モデルロゴに指定する画像の形式を変えたり、サイズを小さくしたり、いろいろやってみたのですが状況はかわらず。二、三日寝かせてみたんですがやっぱり×になる。う~ん、なんで?、わからん!

とりあえず諦めていたんですが、Photoshopを使って他の作業をしていた時に、ふっと画像保存ダイログを見るとあやしい設定が...。試しに「ICC プロファイル」のチェックを外して生成したjpeg画像をモデルロゴに指定すると...。や~っとモデルロゴが表示されました。(左の画像です。)


あ~、でもまた、どうでもいい事に時間を費やしてしまった。

「画像イメージの発想」

2011年08月30日登録
ティンカー・ベル8月30日

現在、枠組みがとりあえずできたところでず~とほったらかしにしていた新サイトのページタイトルやメニューの画像を作成しているのですが、なかなか進みません。そもそも言葉に対するイメージが湧いてきません。たとえば「プロフィール」・・・。

プロフィールの内容は生年月日、出身校、趣味など書くのでしょうが、それを総括するイメージとなると微塵も出てきません。頭に浮かぶのは、「赤ちゃん」、「小学生」、「入学/卒業式」、「ビジネスマン」、それと何故かティンカーベル。


結局、まる二日間さ迷い歩いた末にできたのがプロフィールのページにある画像です。(Reallusion製 iClone4で作成)
人の成長と木の成長を掛けたつもりなのですが・・・。2、3週間後に自分が見てどう思うか?が怖いです。

右にあるティンカー ベルはgoogle 3Dギャラリー:The Pixel Pot Project by WeIrDiE_InCさんの作品です。

「PC DAW 「Maestro」の開発を開始しました。」

2011年07月27日登録
7月27日

この日記、いや、年記、いや、2010年の記事はひとつもない...、を久しぶりに更新しています。タイトルにもありますがパーソナル コンピュータ用デジタル オーディオ ワークステーション ソフトウェアの開発を開始しました。開発を始めたきっかけは譜面作成とMIDI編集で使用しているFINALEにあります。これまでFINALE 2009を使用してきたのですが、6月の後半にFINALE 2011にアップグレードした時にその悲劇が起こりました。

2009年1月の日記「音楽ファイル制作ワークフロー(MIDI編集)」に書いているようにFINALEの発想記号とアキュレーションでMIDI編集ができるように5000個以上の発想記号をカテゴリ別に分けて、更にグループ化してきれいに並べて登録していたのですが、FINALE 2011で開いて見ると...。ガーン~。並びがぐちゃぐちゃになっている。どうも、2009の形式から2011の形式に変換するときに発想記号のグループ分けで使用したダミーの発想記号が削除されるのが原因のようですが、大ショックでした。また並び替える気力もなく。Sonarのピアノロールも何か違うし...。

えーぃ、MIDI編集ツール作ってしまえ!と言うことでWindowsのマルチメディアAPIから調査すると、とても簡単にFantom Gを鳴らすことができるじゃないですか。だったらKontaktやGarritanなどのVSTiも使えたらいいよなぁ。いや待てよ。エフェクトを掛けた状態でレベルの確認なんかもできた方がいいよなぁ。それって結局DAWってことか...?と言う事でフリー最強のPC DAWソフトを目標に開発することにしました。Windows マルチスレッド プログラミングやデジタル信号処理はウェブ開発よりもずっと自分の庭に近いから目標達成できる。はず!?

PC DAW 「Maestro」のソースコード(C++言語 Micirosoft Visual Studioを使用しています。)は、現在のところエンジン部分のみで不完全ですが、このサイトで公開しています。これからWindows プログラミングを始められる方に何か参考になれば幸いです。

Copyright(C) 2007 - 2018 リアルロイド - ニューラルソフト. All rights reserved.